気づいてる?男がだす「セックスしたい!」の6つのサインとは?

セックスしたいとき女性から誘うのって、恥ずかしいし、けっこう勇気がいりますよね。でも、実は男性の中にも、女性と同じように、誘うのが恥ずかしくてなかなか言い出せない人がいるのをご存知でしょうか。

ただ、そんな男性たちは、言葉にして伝えることはありませんが、行動で「セックスしたい!」という気持ちを表すことも多いんです。

この記事では、男性が口では言えないけど、実はセックスしたいと思っている瞬間、そのサインをご紹介します。

身体や頭を触る


手を握ったり、頭を撫でたり、ボディタッチが増えるのは、身体の接触を求めている分かりやすいサインです。
また、ボディタッチによって「セックスOKか否か」を見定めていることも。

女性の身体に触れて抵抗されなければ、「今日はイケるかも!」と思い、手を振り払われてしまえば、「まだダメか…」と判断するのです。

セックスしたいのに言い出せず、身体を触ってそれを伝える。ちょっと健気な生き物ですよね、男性って。

家デートに誘う

家デートに誘う口実は「一緒に映画観ようよ!」とか、「料理作ってあげるよ~!」と様々ですが、その目的は、たいていセックスです。

ただ、ストレートに「セックスしたいから家に来て!」なんて言えませんし、あれこれ工夫をしてなんとか家におびき出そうとするのが男性です。

また、「見て、部屋掃除してきれいになったよ~!」というふうに、求めてもいないのに部屋の写真を送ってくる場合も、部屋に注意を向けてなんとか家に呼ぶ展開にしようと企んでいたりします。

たとえ、女性から「家に行っても、セックスはナシだからね?」と言われたとしても、男性は心の中では、ちょっと期待してしまう生き物なんです。

鼻息が荒くなる


嗅覚は、五感の中でもっとも本能と密接な繋がりがあると言われています。そのため、女性の良い香りを嗅いで興奮したり、香りがきっかけでエロのスイッチが入ることもしばしばあります。

やたらと匂いを嗅いでくる男性は、理性を失い気味で、本能でセックスを求めているのかも。

時間を気にする


男性が、時計を気にしてそわそわし始めたら、「セックスしたい!」という思惑があるのかもしれません。

どういうことかというと、セックスができた場合に備えて、時間を緻密にコントロールしているのです。

「今からホテルに行くことができたとして、セックスして、ってなるとだいたい〇時間くらいかかるから、終電には間に合うかな」というふうに、頭の中で緻密に計算しています。

お酒をすすめてくる


飲みに行ったときや、家に遊びに行ったとき、やけにお酒をすすめてくる男性。「お酒の勢いで…」という期待をしているのかも。

また、あなたにお酒をすすめているのにも関わらず、本人はあまり飲んでいない場合は、ほぼ間違いなくセックスしたがっているでしょう。

男性って、お酒を飲み過ぎると、ペニスが立たなくなってしまうので、それに備えてお酒を飲まないようにしているか、あるいは自分は酔わないままセックスをしようとしているのか…。

ふたりで飲みに行ったり、家に遊びに行っている時点である程度の信頼関係があるとは思いますが、それでも不本意なセックスをしてしまえば傷ついて落ち込むので、くれぐれも気をつけてください。

下ネタばかり言う


最初にご紹介したボディタッチと同様、相手の反応をうかがっています。下ネタに対するリアクションによって、相手は自分のことをどう思っているのかを推し量っているのです。

話にノッてあげたら男性はウキウキしますが、露骨に嫌な顔をすれば、きっとすぐに下ネタをやめるでしょう(笑)。

また、中には「俺、セックスうまいよ」というふうに、直球でアピールしてくる人もいます。でもそういう男性ってたいていヘタクソなので、気をつけてください(笑)。

男の気持ちを汲み取れる、素敵な女性になろう

モテる女性というのは、男心を察するのが上手です。

男性が何を求めているのか、どうして欲しいのか、それを瞬時に察知して叶えてあげる。そんな洞察力が欠かせません。

セックスにおいてもそれは同じで、男性の「セックスしたい!」というムラムラを察知し、さらに欲情させたり喜ばせることができる女性は、とても愛されます。

注意深く男性の言動を観察して、気持ちを汲み取れる、素敵な女性になってください。