《年下男の本音》男が「おばさん」と感じる年上女性のNG言動。

年上女性は素敵ですが、おばさん感漂う女性は話が変わってきます。

年齢は特に重要ではなくて、言動におばさん感があるのが問題なんですよね。

ここでは年下男性が、ハッキリ言ってそれは”おばさん枠に入っちゃうよ”という会話・行動をご紹介していきます。

素敵な年上女性でいたいならここでNG言動を学ぶべし!

スマホの使い方がわからない年上女


今どきスマホの使い方をイマイチ理解していない人は残念ですね。

「スクショってなに?」とか「LINEはよくわからんからやってない」とかはもうキツすぎます。

あと今のGoogleはなんでも調べれば答えが出てくるのに検索方法がわかっていないのもおばさん認定。

いくつかの単語で検索をかけるのを理解せずに、調べれば数秒でわかることを質問されたりすると若さが感じられませんね。

イケてる女性でいたいならスマホぐらいは使いこなしましょう。若者は使って覚えているんです。触ればわかります。

「もう歳だからしんどいわ…」という年上女


この自虐というか、事実というか、無駄なマイナスな発言も「おばさんだなあ…」と心の中で思ってます。

20歳を越えて10代のときよりも体力の衰えを感じたときに「歳とったわ〜」とネタでいうのは問題ないんですよ。年齢的には若いですから。

でも30越えて同じことを言われても、もはや事実なので言葉が出ませんね。

年齢を感じないようにジムいくなり、なにか運動するなりして体力維持しましょうよ。って思います。

見た目はマジで重要


おばさんって絶対的な定義はないので、肌のケアを怠ったり、体型の維持を諦めた時点でおばさんへの道に踏み込んでいるところはありますね。

若作りもイタイけど、頑張らないのも違うんですよ。

肌が綺麗だったら若くも見えるし、流行りを少し取り入れていればイマドキ感は出るので言動と合わせて自分を見つめてみてください。

どれだけ人として魅力的な年上女性でも、おばさん感があればやっぱり少し引いてしまいます。

おばさん枠に入らないように気をつけられることは注意するべきでしょう。