【LINE】モテない女にありがち!男が苦痛を感じるシンドイやり取り

恋愛って何かとタイミングが重要ですよね。連絡をするタイミングも告白のタイミングも一歩間違ってしまえば、すれ違ってしまいうまく良い展開に発展させられなかったりするものです。

中でも付き合うまでのLINEのやり取りタイミングには注意したい点が多くあるんですよね。

そこで今回はLINEをするだけで恋愛対象外とされてしまう、モテない女にありがちなシンドイやり取りを、男目線からご紹介していきたいと思います。

寝た?という連絡はどう転んでも迷惑


連絡が途切れると送ってしまいがちな「寝た?」という連絡。これって誰得の言葉なんでしょうか。

・寝ていたとしたら返信はない
・連絡したことで起こしてしまったら迷惑をかける
・未読無視していたとしたらうざったいだけ

どんな理由だったとしても無意味な行動となるかストレスを与えてしまうだけですよね。

LINEではガラケーの時代のように問い合わせをしないとメールが詰まっていることに気づかないこともないので、届いていないなんてことはほぼありえません。

たまに相手をしてほしくて連絡をしてくるのは可愛げがありますが、しょっちゅう繰り返されるとめんどくさいと思われるだけです。

付き合うまでの連絡のやり取りは楽しいですし、少し返信がないだけで気になってしまう気持ちはわかりますが数時間連絡がないだけでは騒がないように。

女性は既読・返信が早すぎる


男性の多くが感じていることの中に女性は既読&返信が早すぎるというものがあります。

返信をしても1分以内に返事がきて、また返信をするとすぐに返ってきて…と繰り返していると男からするとかなりのストレスを感じるんですよね。

返信が遅いほうが早い人に合わせるのは無理があるので、この問題は早いほうが遅いほうに合わせるしかありません。

相手の仕事の忙しさや、今までの返信スピードを振り返って、相手のスピードに合わせて間隔を空けて連絡を取り合うようにするのが男に苦痛を与えない最善の方法です。

また、一行ずつに分けてたくさんの件数を送る女性も多いですが、打つスピードが早すぎて会話ができないという声もあります。

一言ずつに分けて送るのはいいですが、相手からの返事がきていないのに、2つ、3つと違う話を放り込むのも止めましょう。

スタンプが来たから無視したら悲しんでるスタンプが来る


言葉のないスタンプやOK!だけのスタンプってそれ以上に発展のしようがないじゃないですか。

だから一旦既読無視したら次は悲しんでいるスタンプが送られてくる。

恐らく返事をしないことに悲しんでいるということを言いたいのだと思いますが、返事がこなくて悲しむなら「文字を打てよ」と思うし、もっと言えば疑問文を送ってこい。

スタンプって気持ちを代弁してくれる便利なものでもありますから、ツンツンとつついているものや、隙間からチラッと覗いているスタンプを送ってかまってほしいアピールをしたことは、誰にだって一度はあるでしょう。

それが気のしれた関係性ならなんの問題もないんですよ。

でも恋人になるかならないかの関係の相手に、先に自分がスタンプだけを送って会話をシャットアウトしたのにも関わらず、スタンプで追撃するのはどうかと思いますね。

ネガティブ思考であることが見え見えな内容が送られてくる


ムカムカしたときや嫌なことがあったときには誰かに吐き出したくなりますよね。

でもガーッと長めのネガティブ発言が送らてきて、慰めても解決しなくてウジウジするやり取りが続くときはウンザリします。

心の中では「愚痴りたいだけなら友達に言えよ…」って思ってます。たまに甘えるのはいいですが毎日のように弱音や愚痴を彼氏でもない男性に吐くのは控えましょう。

LINEは気軽にメッセージを送りやすいため、関係を簡単に深められますが、同じくストレスを与えることも簡単にできてしまいます。

自分が気づかないうちに男性は苦痛を感じているかもしれないので、身勝手な言動には注意してください。

あなたがひとつの便利なツールで一人の男性を逃してしまわないことを願っています。