美人でもNG!合コンで着てたら萎える服装があった

合コンに行くときに悩むことと言えばひとつ。どんなファンションをしていくべきなのか。

男はわりとシャキッとした服装をしていけば問題ないのですが、女性はファッションの種類があれこれあって選ぶのが難しいですよね。

「どんな男が来るかはわからないけれど、「ダサい!」「萎えるわ…」と思われる服装だけは避けていきたい!」

と服装に悩む女性に今回は合コンで控えるべきNGコーデをご紹介します。自分のファッションセンスに自信のない女性はNGコーデを頭に叩き込んでおこう!

全体的にダボっとした服装


ビックシルエットの服をオシャレとして着こなす女性は多くいますが、合コンでダボッとした服を選ぶのはナンセンス。

大きめの服を着るのは可愛さもありますが同時にゆるっとした雰囲気も出ますよね。このゆるっとした雰囲気が合コンにはあまり向いていないんですよ。

ダボダボした服装はだらしない印象を与えます。ニットの服が少しだけ大きめ、ならまだいいですが男はゆるっとよりもシュッとしたある程度体型のわかる服装をしている女性に目を向けます。

なんせ合コンには多少の下心を持って参戦してますからね。体型が気になるのは当たり前のことです。

それにひとつでもだらしなさを感じてしまうと「だらしない人」という印象がつきまといます。好印象を与えたいならビックシルエットの服は避けましょう。

個性強すぎ!ロリ系・ボーイッシュ系


最近の流行り的に少なくなってきてはいますが、個性強めの服装を継続している人もまだまだいるでしょう。

自分の好みの服装を隠して出会っても、仮に付き合えたときに「思っていた子と違う…」と思われたくないからと自分を隠さずに勝負に出ようとする女性、ちょっと待ってください。

個性の強い服は大衆受けしない。ということはそのまま自分以外の女性がいる場所で個性を出しても勝負にすらなりませんよ。土俵にも立てないということです。

わざわざ合コンに行ったの誰にも連絡先を聞かれなかったら?自分だけ浮いた感じになってしまったら?行ったことに後悔してしまいかねませんよね。

ロリ系・ボーイッシュ系に限らず個性ある服装だと言われたことある女性は、まず土俵に立つためにおとなしめの服を扱う店に行ってディスプレイの一式買いでもしてください。

男を捕まえたいなら自分を押し通すだけでは無理があると心得ておきましょうね。

尻軽女?露出激しめの服装


夏近いシーズンになると露出激しめの女が続出しますが、露出していいのは海やBBQなどワイワイガヤガヤするときだけです。

寒い季節でも室内であることを良いことに厚めのコートで登場し、中は超薄着でおしゃれ番長のような女も稀にいますがまったくもって魅力がない。

露出ってしてほしいけれど、し過ぎてほしくないんですよ。見えそうで見えないというのがいいんですよね。男のワガママですけど。よろしくお願いします。

どこの惑星から来たの?全身フリフリ


レースとかひらひらしたものとか、ザ・女の子をイメージさせる服装も部分的でなく全身に取り入られているとイタイだけ。ピンクを使い倒した服装なんかもヤバイヤツだと思われて距離を置かれてしまいます。

失礼かもしれませんが、フリフリとか、ピンク大好きな女性ってメンヘラ感があるんですよね。「ちょっと近寄らないようがいいかな…」と本能的に感じてますね。

それにバリバリレースが使われいる服って男からしたら「それってマットの下に敷く滑り止めじゃね?」なんて思っちゃたりすることも…女性感あるものはポイント的に入っているのがベスト。使い倒しには注意せよ。

怖いよ!ブランド固め女


全身高級なもので揃えて合コンに参戦する女はヤバイ。マウンティングをしたいのかどんな理由かはわかりませんが、ブランドものを多用したファッションっていまどき絶対やってはいけないですよね。

高いものは質もよく綺麗に見える物が多いですが、ひと目見てブランドものだ!と感じるものがたくさん取り入れられているとお金がかかりそうな女だと感じ男は距離を取ります。

ブランド物はバッグやシルバー系、靴などにワンポイントで使うのが真のオシャレ。合コンで全身ブランド固めはキツイのでやめましょう。

自分らしさを出そう、周りと違うことをしようとしすぎると合コンという場所では失敗しがちです。

女のイケてるという感覚は男にとっては該当しないものも多いのが現実なので、合コンに行く際の服装は友人の男性、またはネットで調査をしてから決定するようにすることをオススメします。