【LINE】モテない女に共通する、返信する気がうせる返しパターン

あなたはLINEの返信しっかり考えて送信していますか?

せっかく好きな男性からラインがきたのにやり取りが長く続かない、男性から返信がこなくなる。そんな事件が多発している女性もいるのではないでしょうか。

もし「男性はラインとかメールをするのが苦手」「彼は面倒くさがりだから」などと思っているのなら少し語弊があります。

中にはそういう男性もいますが基本的には好意がある女性となら連絡をとっていたいと思うものです。

ではなぜ、あなたのLINEは返信がこなくなるのか?今回の辛口男の本音は、そんな疑問を解決していきたいと思います。

返信する気が失せるようなメッセージを送信してしまっていないかを、今回を機会に確認してみてください。

そっけない、ひと言コメント


せっかく男性が話をふっているのに「うん」とか「そうだね」とかひと言で返してくる女性、わりと多いです。

そっけない返信がくると「話題に対して興味がないのかな?」と思いますし、「無愛想だな」という印象も持ちますね。

気になる男性とLINEで盛り上がりたいなら、ひと言で返したりせずに「そうだね、それって○○?」というように相手が返しやすい疑問文での返答が好ましいです。

興味がないことでもなんでも聞き返せばいいんです。2人の関係性が出来上がるまでは、なんでも聞いてコミュニケーションを取るようにしていただけると男性陣も助かります。

相手がしたい話を聞かないで自分の話にしてしまう


そっけない返信とは真逆で、男性が提供した話題をしっかり聞かないで自分が話したい話題を割り込んでくるのもかなりやっかいですね。

男性が話題を振ったのに「そうなんだー、それより聞いてよ昨日さー」というように自分がしたい話題に変えてしまいがちな女性は要注意です。

聞いてもらいたい話題をふっているのに、おざなりな相槌で話を変えられてしまうと男性としては興ざめしてしまいます。

相手が話題にしたいことがある時はまずはしっかり聞いてあげましょう。自分の話はその後で良いでしょ??

スタンプだけの返信


相手のメッセージに対してスタンプだけ返す人がいますが、これも印象は良くありません。

かんたんな連絡に対してスタンプだけで返すことは悪いことではありませんが、気になる男性とLINEしているときはスタンプを送るならメッセージも一緒にです。

スタンプだけの返信は男性に適当な返信をしている印象を与えます。

気になる男性に対しては自分で考えた文章で返しましょう。

話題に対してのノリが合っていない

悩みを話している時に妙にはしゃいだノリで対応したり、ふざけた話をしているのに素っ気ない対応されたり、空気の読めない女性も返信する気が失せますね。

LINEで空気が読めないなら実際に一緒にいても空気が読めない地雷女の可能性を感じるので、距離を置くのは当然のこと。

一緒にいれないならそれ以上LINEを続ける必要もないので、既読無視をする選択に至ります。

会話と違いLINEでのやり取りは文章だけで相手の気持ちが図りにくい部分がありますが、相手の気持ちを察しようとする気持ちが大切です。

返信する気が失せるLINEの返しの例を紹介しましたが、すべてに共通することは男性の気持ちを考えて返信していないということです。

しっかり話を聞く、相手の気分を推し量ることを意識すると、相手から距離を置かれることを阻止することができるでしょう。

真剣な話にスタンプだけで返したらどう思われるのか?と今一度考えてみてください。

男性とLINEが続かないと感じているのなら今回の記事を参考にして、今一度、自分が送信しているLINEのメッセージを見直してみることをおすすめします。