「性生活Q&A」聞くに聞けない、男のホンネ悩み相談室

恋に悩みはつきものです。

しかし、ひとりで悩みを抱えても、ただ切なくなるだけで事態は一向に好転しません。

悩んだときは、異性に相談するのが一番です。

当企画では、SEXにまつわる女性の悩みを男性の視点から厳しくダメ出し。

男性誌のアンケートやDVDの売上データなどをもとに ホンネでアドバイスをしていきます。

悩み1:彼氏の机の引き出しに、大量の怪しげDVD。私とのエッチに不満?



いきなり厳しいことを言いますが、彼氏の持ち物を勝手にあさるのは絶対にダメです。

なぜなら、男性の「別れを決意する理由」の第1位は、「彼女にスマホやパソコンを勝手に探られた(浮気の証拠を探された)」だからです。

ちなみに、男性が「浮気をしようと思った理由」の第1位は、「浮気を疑われたから」です。

たとえ持ち物を探ることに、どんな正当な理由があっても、男性は納得しません。持ち物を勝手にあさられただけで、あなたを軽蔑します。

「今後は止めてよね」と笑顔で言いながら、裏で浮気の機会をうかがいはじめたり、次の彼女を探しはじめたりしますので気を付けてください。

彼氏がどんなエッチが好むのかを知りたいときは、真正面から聞いてみるといいでしょう。

もしくは、ふたりで動画サイトでビデオを選んだり、レンタルビデオ店に行ったりするとよいでしょう。

男性は苦笑いするでしょうが、内心は嫌な気はしていません。

悩み2:彼氏がレズ系のビデオを観ている。女装願望があるのでは?



男性がレズ系のビデオを観るのは、実は、それほど珍しいことではありません。

レズ系のエッチなビデオは、男性に人気なんです。

レンタルショップやアダルトサイトのランキングでは、常にトップ5に入るジャンルです。

では、なぜ男性がレズものを好むかというと、それは男性が画面に映っていないからです。

エッチなビデオは、よっぽど気をつけて撮影しないと、男性ばかりが画面に映ってしまいます。

こういう映像を嫌う男性は多いので、レズ系のエッチなビデオは常にランキングの上位なんです。

ノーマルな性癖の男性がたくさん視聴していますので、レズものを観ているからといって、そっち方面に興味があるとは言い切れません。

また、女性への変身願望や女装癖を疑っているようですが、そういった嗜好の男性は、レズものよりも、むしろ女尊男卑もの(femdom)やゲイビデオのほうに関心があります。

少なくともレズ系のビデオは、女性になりたい男性が観るものではありませんので、そういった心配はしなくてOKです。

悩み3:彼氏が騎乗位の動画を好んで観ている



騎乗位は、エッチなビデオでよく撮影される体位です。

なぜなら女性の身体が画面に大きく映るからです。

ちなみに正常位や座位は、気を付けて撮影しないと、男性の背中やお尻しか撮影できません。密着して抱き合うと、女性の身体や表情すら撮影できません。

というわけで、エッチなビデオは、制作する側の都合で、騎乗位が多めに収録されているんです。

つまり、彼氏が本当に騎乗位を好んで観ているかどうかは、本人に聞かないと分かりません。



参考までに、グラビア誌のアンケート結果によると、騎乗位はセックスの経験がない男性(童貞)に人気で、逆に、セックスを経験した男性には、あまり人気がありません。

集計結果は、時代の流行によって多少変動しますが、それでもエッチなビデオが登場して以降、2019年の現在までこの傾向は変わりません。

それは、男性は一般的に、女性にエッチの主導権を握られるのが苦手だからだといわれています。

つまり、たいていの男性は、ベッドに仰向けになったまま、ただ女性に身をゆだねているということには堪えられないんです。

ですから、もし彼氏の好みに応じて騎乗位をすることに抵抗があるというのなら、まったく心配する必要はありません。

たとえ求められたとしても、あなたが馬乗りになって何度か腰を動かすだけで、彼氏はすぐにきっと起き上がって、いつもと同じエッチをやりたがるでしょう。

男性とは、そういう生き物です。

悩み4:セックスが気持ちよくない



実は珍しいことではありません。

よく映画やドラマ、漫画やアダルトビデオなどでは、出会ったばかりの男女がスムーズにセックスをして、しかも、気持ちよくなっていますが、あれはファンタジーです。

アクション映画の主人公が、敵の撃つ弾にあたらないのと同じです。

そのほうが作品として面白いから、そういうウソをついているのです。

下世話な話をすると、主人公たちがセックスをしてすぐに気持ちよくなったほうが売れるので、そういう描写をしているだけなんです。

というわけで。

彼氏とのセックスが気持ちよくなくても、気にすることはありません。

そういったケースのほうが多いんです。

実際、筆者が見てきたアダルトビデオの撮影現場でも、うまくセックスできないことのほうが多かったです。

しかも、気持ちいいのは演技です。

演技が下手で、撮り直すこともよくあります。

アダルトビデオには、上手くセックスできたシーンしか収録されていないんです。

ですから。

セックスが気持ちよくなくても、自分を責めないでください。

彼氏を責めないでください。

女性が気持ちよくなる部分(性感帯)は、個人差がとても大きいです。

あなたの性感帯を、彼氏とふたりで探っていくことが本当のセックスです。

というわけで、今すぐ価値観を変えてください。

そうしないと、残念な女で終わってしまいます。
以上、いかがでしたか?

当サイトでは、みなさんの悩みを募集しています。

もし恋の悩みをかかえているのなら、ぜひ当企画に応募ください。

男性誌で集めた膨大な「男のホンネ」をもとに、厳しめのアドバイスをいたします。