《期間限定の遠距離恋愛》乗り越える簡単な3つの方法

短期間離れた場所に出張になったり、海外に留学したりなど、期間限定的に遠距離恋愛になってしまうことは誰にだって起こりうることです。

でも遠距離恋愛に慣れていなくて、急に彼と物理的に距離が離れてしまうと今までうまくいっていたものも不安になったりしてきますよね。

今回は遠距離恋愛をうまく乗り越える3つのルールをご紹介します。 肝に銘じて、破局の可能性をぐっと下げましょう。

終わりを決めておく


遠距離恋愛の辛いことと言えば、いつまでも会えない辛さが続くというところにあります。

なので”短期的に遠距離”というくくりの中でも何月には遠距離が終わるということを知っておくことが重要です。

自分が離れる立場でも待つ立場でも、できるだけハッキリとした遠距離終了の期限を決めておかなくては、破局の可能性もでてくるでしょう。

不安でも相手を追い詰めすぎない


物理的に離れているだけで今までなんとも感じなかったことも不安になってきたりするんですよね。

そのため急にテレビ電話をかけたり、「私のことすき?」などと聞いて自分の気持ちを落ち着かせようとしてしまいがちです。

もちろんたまになら問題ありません。でもそれがしょっちゅうとなると男からすると面倒に思われてしまうかも。

不安な気持ちになったときもすぐに自分を満たそうとせず、間隔をあけるなり、相手が時間に余裕があるときを考慮して負担をかけないように心がけができなくては、やはり破局の可能性もでてくるでしょう。

会いたいときは自ら会いに行く


遠距離での一番の問題は会いたいときに会えないというところにあります。

でもどちらかが相手のところへ行かないと会えないのは距離が近くても同じこと。

会いたい会いたいと何度も相手に伝えるくらい会いたいなら少し遠くても会いにいきましょう

気持ちを吐き出すだけでなく行動に移せば彼も愛を最大限に感じることができるので、会いたいと思ったら口に出すより先に会いにいくべし!

これをしっかり実行に移せれば、破局の可能性は極端に減るでしょう。

短期間の遠距離恋愛の心得、いかがだったでしょうか。

急に遠距離恋愛をすることになったら不安要素が多くなってしまいますが、離れた距離でもうまく付き合っていくことは十分に可能です。

一時的に我慢することも増えますが、今後も幸せな付き合いをしていくためにうまく遠距離を乗り越えていたければと思います。