付き合う前にHしてしまっても彼女になれる方法があった!

付き合っていない相手とエッチをしてしまったら彼女になりづらいのか?問題って永遠にありますよね。

正直なところ、女性が付き合う前に体を許すなら付き合うことは考えないほうが苦しまなくて済みます。

けれどすでにエッチしちゃった!という場合は、戦略的に彼女になれるルートを自分で作りましょう。

先にお伝えしておくと簡単な道のりではないです。失敗する可能性もあります。

でも「このままセフレになるのはいやだ!」とい思うなら、この記事でご紹介している方法を試してみてください。

するべきことは簡単なものばかりなので、試してみる価値はあります!

1回しか関係をもってないなら2回目の間隔を開ける


エッチしたのが1回だけならまだわりと彼女になれる可能性は残っています。

でも彼女になるならその1回のエッチが楽しかったのか?というのが重要となりますね。

エッチの相性が良くないのに彼女にしようと思う男はいないので、まずはエッチの相性の良さをクリアしているかを考えてみましょう。

最低でも悪くなかった。と思えるなら、あとは2回目の誘いは簡単には許さないのが基本。

男は付き合わなくてもエッチできる女性を彼女にしようと考えることはほぼありえませんし、回数を重ねているうちに好きになってくるなんてこともかなり稀です。

なので、2回目の誘いを受けたときには「彼女じゃないから2回目は無理」と伝えましょう。

もし、「セフレでもいいけれど彼女になれるなら…」くらいの感覚ならホテルにいく直前に「私達ってどんな関係なの?」いやらしくないテンションで聞いてみてもいいですね。

濁されたら彼女にする気はないということがわかります。わかったうえで「そうなんだ!なんでもいいけどね〜」と流してしまえばそのまま関係が継続できます。

関係が出来上がった頃に引き下がる


もう完全にセフレとしての関係ができあがってしまっているけれど脱却したい!という場合には、相手に「なんだかさみしいな」と思わせられなければ彼女になれることはありません。

定期的に会う関係までできていれば「このままセフレの関係はいやだからもう会わない」と伝えて関係をバッサリ切ってしまいましょう。

ここは引き止められてもズルズルしたりせずスパッと切ってしまうのが最善策です。

やっぱりいくらセフレと言えど、回数を重ねていれば関係性は深いですから急にいなくなると「もしかして俺もすきだったのかな?」と考えるキッカケになります

もちろんこれは相手に恋人がいないことが条件ですよ。恋人がいないなら気持ちを伝えてサッと消える。未練がましさ出さず引き下がることが男にはグッとくるので効果的です。

厳しいことを言いますが、セフレの関係になってしまってるならこれくらいのことをしないと彼女にはなれないですよ!

エッチ中または後に誘導する


「突き放すのがどうしてもできない!」というならエッチ中に誘導する作戦があります。

エッチしてるときって、全ての苦しみを忘れるくらい没頭することがありますよね。

そういった盛り上がっているときに「ずっと一緒にいたい」とか「好き」と勢いに任せて伝えることで彼女になる道が開けます。

男からすれば挿入しているときに「好き」なんて言われたら「俺も」か「ありがとう」しか返す言葉がないですよね。

そこで「ありがとう」といわれたら「あなたは?」とさらに追い打ちをかけます。空気を乱さない男なら良い答えをくれます。

逆にそこで萎えてしまうような発言をする男ならそこまでです。残念ですが体の関係を割り切るか、終わりにするしかありません

誘導しても結局は気持ちを伝えるわけですから、最悪の結末もありえます。でも自ら距離を取る方法ではないので、突き放すような行動をできない女性は使いやすいのではないでしょうか。

体を許してしまうと彼女になることは難しいということを前提として考えれば、ご紹介した方法くらいのリスクは背負わないといけないことがわかっていただけるかと思います。

今後の関係を左右するやり方ではありますが、どうしても彼女になりたい!という場合にはぜひお試しあれ!